cookie と biscuit の違いとは?

cookie と biscuit の違い

cookie と biscuit の違いとは何でしょう?
図解すると上のようになります


cookieは「クッキー」を指します
小麦粉から作られた焼菓子です

甘くしっとりとしていて、
歯ごたえのある食感が特徴です

また、biscuitに比べ、
レーズンやチョコチップ、
ナッツを入れたりと味の種類が豊富です

オランダ語の「koekje(小さなケーキ)」
から来た言葉で、
主にアメリカで使われる表現です

「cookie」の意味・例文を
辞書サイトで見る > JPN / ENG


一方、biscuitは「ビスケット」です
こちらも小麦粉から作られた焼菓子です

クッキーと比べると、薄く乾燥していて
軽い食感が特徴です

さらに薄く、塩味にしたものは
クラッカー(cracker)と呼ばれます

フランス語の「bescuit」が由来で、
主にイギリスで使われる表現です


ちなみに、アメリカでbiscuitは
食事で食べる「小型の丸いパン」
という意味で使われます

この丸いパンは
日本でいう食パンにあたるもので、
スコーン(scone)とも呼ばれます

「biscuit」の意味・例文を
辞書サイトで見る > JPN / ENG

Instagramもやってます
1〜2日に1投稿くらいのペースです
フォローよろしくお願いします :D